1. HOME
  2. コラム
  3. 『酒場のネタになる話とオススメの1杯』小便少女
コラム

『酒場のネタになる話とオススメの1杯』小便少女

コラム

591

カウンターからこんばんは!
N.Yでバーテンダーライセンス取得。心理カウンセラー3級でもあるのCrystal Hazuki が『酒場のネタになる話とオススメの1杯』をお送りします。

【小便少女】

1619年にジェローム・デュケノワ(Jérôme Duquesnoy)により制作された、放尿する少年を模した高さ55.5cmの噴水の像、通称「小便小僧(マネキンピス)」はあまりにも有名だろう。
では同じくブリュッセルにあり、彼から徒歩数分の距離にある高さ50cmの噴水の像「小便少女(ジャンネケピス)」はご存知であろうか?
この小便少女は1985年にドニ=アドリアン・デボヴリデニス( Denis-Adrien Debouvrie)により制作されたものだが初めて写真を見た時は、まぁなんというか軽い衝撃をくらった。笑
可愛らしい小僧に対して和式スタイルでご開帳の少女はちょっとエグい感が…
同じ放尿でもこんなに違うものかと。
もともとは癌撲滅基金の為に作られ、今もグッズ収益や投げ入れられたお金は癌研究、癌やエイズ患者のために使われているそう。

世界共通考える事は同じなのか、
精巧に作られた局部は触られすぎて周囲の色がハゲてしまいツルピカに。たしかにあげまんパワーは貰えそうだけど…
もはや、尿なのか潮なのかわからんな。爆
という事で現在は柵がつけられ監禁少女になっているので、お触りからは解放されたようだ。

ちなみにブリュッセルには噴水にはなってないが小便犬もいる。
小便小僧や小便少女もいるなら小便犬がいてもおかしくないか。
あなたが彫刻家ならどんな小便◯◯を作るか?なんて、いかにも酒の席だからこそ盛り上がるネタかもしれない。

マンゴスチンリキュール

そんな訳で今回オススメのお酒はマンゴスチンリキュールだ。
リキュールのアルコール度数は24度。

【パイナップルジュース割り】
果実の女王と呼ばれるマンゴスチンの南国を思わせる甘い香りと、爽やかな酸味が特長のリキュール。パイナップルジュースとあわせたフルーティーなカクテルなんていかがだろうか?
お好みでココナッツリキュールを加えるとトロピカルカクテルになるので夏にオススメ。

【烏龍茶割り】
意外だと思われがちだが、フルーツリキュールと烏龍茶はフルーツフレイバーteaのような風味になるため中々相性が良い。甘さ控えめでさっぱり飲みたい方には是非オススメ。

お試しあれ。