突然だが、皆さんは「おっさんずラブ」というドラマをご存知だろうか。
2018年放送の連続ドラマシリーズが話題となり、通称「OL民」と呼ばれるファンを多数生み出した傑作だ。

BL漫画にありがちないわゆる「王道展開」を上手に組み込みつつ、豪華俳優陣によってコミカルに仕上げられたこのドラマは、普段BLを嗜まない層にも広く浸透し、ある種の社会現象ともなった。

そんな「おっさんずラブ」だが、2024年1月になんと新シリーズが放送決定したのだという!

というわけで今回の限界腐女子レビュアーズは、おっさんずラブの魅力をいまさら語りつつ、まだ観たことのない方のための布教回としたい。

おっさんずラブの始まり

2016年12月31日、テレビ朝日系列の「年の瀬 恋愛ドラマ第3夜」として放映されたのがすべての始まりである。

このドラマは単発放送で、いわゆる1話完結もの。

その衝撃的かつ心燃え滾る内容に、日本中の腐女子のみならず多くの視聴者が魅了された。
これをきっかけに、2018年から連続ドラマとして放映が開始。

主演の田中圭氏、吉田鋼太郎氏はそのまま続投、新ヒロインとして林遣都氏を迎え、本格的な「おっさんずラブ」がスタートしたのだ。

とにかくモテる主人公の「はるたん」

おっさんずラブは現在までに単発放送含めて3つのシリーズがあるが、すべて田中圭氏演じる「春田創一(はるた そういち)」が主人公の物語。

この春田がとにかくモテる。モテにモテまくるのだ。

特にこれといった長所もなく、家事全般まるでダメ、仕事での営業成績も芳しくないごくごく平凡な男なのだが、底抜けのお人よしでどこか憎めないチャーミングな性格。

これが彼を取り巻く「おっさん」達のハートを射抜きまくり、春田の人生はおっさんたちのラブによって急展開を迎える。

吉田鋼太郎氏演じる「黒澤武蔵」の”圧”

おっさんずラブには個性豊かなヒロインが多数登場するが、その中の一人「黒澤 武蔵(くろさわ むさし)」の圧がとにかくスゴい。

season1では不動産会社のエリート営業部長、season2では「グレートキャプテン」とも呼ばれる超凄腕パイロットと、非の打ちどころのない頼れる上司なのだが、この黒澤こそがおっさんずラブの真髄である。

黒澤はある出来事がきっかけで春田に一目惚れし、脳内で「はるたん」と呼びながら恋焦がれているのだ。

その姿はまさに乙女。姿かたちが「おっさん」なだけで、黒澤武蔵という人間の中身は我々女性陣が忘れかけていた「乙女心」や「少女性」のようなものがぎゅうぎゅうに詰め込まれている。

春田に恋焦がれるあまり、長年苦楽を共にした妻との熟年離婚にまで踏み切って、乙女街道をひた走る黒澤。

そんな黒澤を演じる吉田鋼太郎氏のコミカルな演技が化学反応を起こし、おっさんずラブはこれほどまでの社会現象に発展したのだろう。

牧凌太という男

忘れてはいけないもう一人のヒロインが、林遣都氏演じる「牧 凌太(まき りょうた)」だ。
彼はseason1にのみ登場するヒロインで、立ち位置としては春田の後輩にあたる。

会社からも厚い期待を寄せられる若手エリートで、仕事ぶりは非常にまじめで正確。
そのうえ家事全般も完ぺきにこなすという、春田とは正反対ともいえるキャラクターだ。

そんな牧だが、ひょんなことから春田とルームシェアを始めることとなる。

このルームシェアをきっかけに、春田と牧の関係性が「先輩と後輩」から別のものへと明確に変わっていくのだが…。

この牧という男、どこまでも視聴者の涙を誘う男なのだ。
春田を好きになる事への後ろめたさ、いわゆる「ノンケ」である春田を複雑な恋愛に巻き込みたくないという自制心、春田の幸せのためなら…と身を引く自己犠牲心。

一見クールで冷静に見える牧だが、その心の中はガラスのように繊細でたくさんの傷を抱えている。

このアンバランスさが、視聴者の心をかっさらっていくのだ。

男子同士の恋愛の描き方

おっさんずラブでは、男性同士の恋愛の描き方が非常にまっすぐだ。

脚本を手掛けた徳尾浩司氏によると、「”BL的な萌え”を描くのではなく、男女の恋愛と同じように男性同士の恋愛を描く」という点を重視したという。

そのためか、作中では誰一人として男同士の恋愛をあざ笑ったり気味悪がるような描写はない。
全員がごく自然に受け入れ、「そういうこともあるよね~」といった感じだ。

黒澤の乙女チックな行動も、「男同士だから面白いのではなく、おっさんが少女漫画的な表現をしているのが面白い」と語られている。

LGBTの葛藤や生きづらさを描写するのは避け、男性同士の恋愛がごく自然で当たり前な世界として描かれているのも、幅広い層に広く受け入れられた理由のひとつだろう。

season2を経て、「おっさんずラブ リターンズ」へ…

そんなおっさんずラブだが、2024年1月から新シリーズ「おっさんずラブ リターンズ」が放送開始される。
2018年にseason1、2019年にseason2が放送されたため、今作は実に5年ぶりの復活となる。

season1とseason2では世界線がことなる、いわゆる「パラレルワールド」だったため、今作もまた違う世界の春田たちが描かれるのかと思いきや…。

なんと、season1の正式な続編であることが判明したのだ!
まさに「リターンズ」のタイトルどおり、あの春田や牧、黒澤たちが帰ってくるということだ。

さらには香港版のリメイク作品「大叔的愛」がヒットしたこともあってか、なんとタイでもリメイク版が決定したという。

2024年、ふたたび世界中でおっさんずラブ旋風が巻き起こるのは間違いないだろう。

まだ彼らの物語を見たことがない方は、ぜひ一度その目で確かめてほしい。

¥330 (2024/06/20 22:08:41時点 Amazon調べ-詳細)

記事一覧

滝川クリヒロイ

あやまんJAPANユースライター部の滝川クリヒロイです。 三度の飯よりBLが好き、よく考えたら百合も好き。 筋金入りのサブカルエロ女が、今日も今日とてお役立ちバカエロコラムをお...

PR

関連記事一覧