1. HOME
  2. コラム
  3. 汁飛画伯の『アソコ美術館』 第1回 あやまん監督
コラム

汁飛画伯の『アソコ美術館』 第1回 あやまん監督

コラム

287

初めまして!あやまんJAPANユースの汁飛エッちゃんです。

普段はアパレルブランドのデザイナーとして、毎日シコシコお絵かきしながら過ごしています。
デザイナーといってもそんなにたいそうなものでもないのですが、わたしは想像とか空想とかがキモになってくるお仕事かなと感じています。
この世界に新しいナニかを産み出すべく、毎日毎日机に向かって勤務時間である8時間ひたすら頭の中で、あーでもないこーでもないとひとりで会議し続けています。
そこでふと、それってつまり
「妄想でごはんを食べるプロ」
なんじゃないかという思いがよぎりました。
そう!あ、わたし妄想のプロだ!と気づいてしまったんです。
(気づかない方が良かったのかもしれません)

このコラムは、そんな妄想のプロである私のくだらない妄想の一部を得意なお絵かきでみなさまに見ていただけないだろうか?といった、一種のド変態ギャラリーです。
そのうち個展なんかもできたらいいなと思っていますので楽しんで貰えると嬉しいです。
婚期はもう逃しきったな、うん。

「似ちん絵、似まん絵」の誕生秘話

さて、似ちん絵似まん絵という謎の特技が完成されるまでには、実はちょっとしたストーリーがあるのです。
私は学生の頃にコンビニ・写真スタジオ・キャンギャル・デザイン事務所などなど、様々なところでアルバイトをしていました。
芸大生だったこともあり「地域活性イベントなどで似顔絵を描くアルバイト」というものもたまにやっていました。
もちろんそういうイベントでは子供からお年寄りまでたくさんの方で賑わっているので、そりゃもう普通に綺麗に丁寧に当たり障りのないタッチで描いてたのですが、とあるイベントでとってもノリのいいお客さんが来た時になんとなくふざけて顔を緑色に塗ったらそれが大ウケしちゃったんです。
そしてなにより自分が描いていてとても楽しかった。

それからは、ちゃんとした似顔絵ではなくインスピレーションを大切にした自分らしいものを描きたいと思うようになり、ちょっとおかしな妄想を入れ始めました。

あやまんJAPANは年末に大忘年会という名の一大イベントを毎年開催しているのですが、2019年のテーマが「オトナの文化祭」だったんです。
全国に50名ほど散らばるユースメンバーが集合し、それぞれの得意分野を活かして会場に様々なおもしろブースを設置しました。
そこで私も何かしらの文化祭っぽい出し物ができないか?という話をいただき、考えに考えました。

似顔絵ならスタッフ的なお手伝いや準備をしながらでもやりやすいかもしれない。
お片付けも簡単だしそもそも荷物が少ない。
しかし普通の似顔絵じゃつまらないから、あやまんJAPANらしい要素が欲しい・・・要素・・・

「えぇい!ち〇こ描いちゃえ!」

これが「似ちん絵、似まん絵」の誕生秘話である。

本日の『似まん絵』

あやまんJAPAN あやまん監督

我々あやまんJAPANユース全員が超絶崇拝している、あやまん監督42歳(独身)。
真面目に不真面目っていうところが大好きです。

おまんまんを想像する時にまず参考にするのは、彼女から出ているオーラ。
写真などからふと感じた色を元に絵の具を選びます。
本日感じ取ったお色は「バイスブルー」でした。
※あてずっぽうな自論です。そしてコロコロ変わります
#465DAA(カラー番号)

バイスブルーは群青色の分類なのですが、海のような広さと深さの中に掴みどころのない透明感がある色です。
彼女からは少しグリーンの色も感じるものの、ふんわりまとっていて点いたり消えたりするので割愛します。

このお色の人は海のような透明感や艶と細やかな輝きをまとっています。
バイスブルーは重量的重みを感じさせない軽やかさを感じる色ですが、こちらはフットワークの軽さにも影響している気がします。
人間は60%の水分から成り立つように、水には私たちに潜在的な親近感を与える要素があります。

たとえば、大勢の人がいても何故かその中で声をかけられやすかったりなど…
目立つわけではないけれど見つけてもらいやすい・選ばれやすいというものを持ち合わせています。

大量の水分のように少々のことでは変化することもないので頑固さや不動な印象も与えることがありますが、優柔不断な部分も持ち合わせているので迷わせないであげてください。

バイスブルーは少し赤みの入ったほんのり紫っぽい青なので、普段は静かな海ですが荒れる時はおおいに荒れるのではないかなと。

9割青の静けさ、1割赤の情熱さ。
おせっせするより手をつないでいたいタイプかなあ~

なんて想像しながら描いてみた似まん絵がこちら。

ちょっとコンパクトなサイズで、そんなに肉厚感はないのではなかろうか。
どちらかといえばシャープ寄りな感じ。
あと、Vゾーンは絶対残してるはず!!!!
シャイさがこんなところに現れてますね♡
海のようになんでも飲み込めちゃうシーパラダイスへこの夏一緒にイッちゃお~!!

というわけで、あやまん監督と一緒に温泉営業にいくことがあれば確認してみようと思いますので、正解を知りたい方は是非ともお仕事ください♡