1. HOME
  2. コラム
  3. 底辺ドメンヘラを克服し幸せをつかめたワケ!Vol.15【本番セックスができる違法セクキャバ】
コラム

底辺ドメンヘラを克服し幸せをつかめたワケ!Vol.15【本番セックスができる違法セクキャバ】

コラム

こんにちは。元風俗嬢で、現在はアダルトライターをしている百花繚乱です!

援交相手探しに使っていた、某大手出会い系サイト。そこで知り合った風俗スカウトマンにまんまと騙され、やっとのこと勤め先が決まったかと思えばセクキャバ店…。メンヘラ女子の巣窟と化していたそのセクキャバでは、いろいろな事件があったものです。

前回のコラムでは、VIPルームで違法な抜きサービスをしているセクキャバ嬢がいっぱい存在していたというお話を書かせていただきました。

しかしチップ目当てのがめつい嬢たちの過剰サービスは、手やお口での抜きどころでは収まらなくなり、だんだんエスカレートしていきます。

悪い意味での名物店となっていくセクキャバ

都内某所にあったそのセクキャバ店は、周辺での有名店となっていきました。そりゃあ、そうでしょう。ウワサにもなります。

セクキャバのVIPルームという本格的な風俗店ではない場所で、半分素人のような若い女の子にこっそり内緒で抜いてもらえるのですから、お客さまからしたらスリル満点!多少のチップくらい奮発しちゃうのも、当たり前です。

繰り返し申し上げますが、風営法許可を取っていないセクキャバは、表向きにはアルコール飲料を提供する飲食店でしかありません。抜きのサービスは、もちろんのこと違法行為になります。

しかし、そこはメンヘラ嬢だらけのセクキャバ店。過剰サービスがどんどんエスカレートしていくのは、時間の問題でした。

メンヘラ嬢たちの貞操観念の低さは異常

世の男性がたの大半は、「メンヘラはすぐにヤレる!」と思っているようです。そして実際に、ヤリマンのメンヘラ女子はたくさん存在します。それは自己肯定感が低いせいということもありますし、セックスを自傷行為のようにしてしまうメンヘラがあとを絶たないからだとの説も…。

あ、わたしが勝手に考察しただけの自説ですけどね(笑)でも当たらずとも遠からずでしょう。

とにかく、メンヘラセクキャバ嬢たちの貞操観念の低さは、目に余るものがありました。正確にいうと、エッチ大好き~♡なわけではなく、みんなお客さまから渡されるチップが目当てなんですけれどね。

そして徐々に、密室でもないVIPルーム内で、数枚のお札を握らされれば本番セックスまでやってしまうセクキャバ嬢が現れてくるのでした。

百花繚乱は目撃したぞ~

家政婦は見た!の市原悦子さんではありませんが(古いか)、わたしは見た!お手洗いに行こうとしてVIPルームの前を通り過ぎたとき、ちらっと見えちゃったんです。暗がりで、素っ裸の男女がうごめく姿…。

ナニをしていたのかまでは申せませんが、聞かなくても皆さまお分かりかと思います。そう、本番セックスです。おっと言っちゃった。

その後もわたし自身がお客さまとVIPルームに入ったとき、前客が忘れていったと思われる、メンズ用のTバックパンツが取り残されていたことが。

Tバックって…。はいてきた男性も、気合い入っていますね。大事な下半身が冷えますので、ちゃんとTバックをはいて帰ってください。

極めつけは証拠ブツとして、VIPルームに設置してあったソファのすき間から、使用済みコンドームが出てきたこともあります。乾ききってカピカピになった、白っぽいモノが付着していました。

そんなこんなで繁盛しまくっていた違法セクキャバ店でしたが、当然そんなもの長くは続きません。のちに警察の摘発が入るのですが、そんなこととはつゆ知らず、メンヘラセクキャバ嬢たちは今日も今日とてチップのおねだりに余念がありませんでした。

本当にメンヘラってお金に汚い!そういうわたしも、同じ穴のムジナだったんだけどもね(笑)

私のようにメンヘラをこじらせて働けない状態になってしまった場合は医療機関や行政に相談してください。
メンタルが不調な時に相談できる行政などの一覧はこちら↓
https://manmam.jp/2022/04/20/a-323/