1. HOME
  2. コラム
  3. たまたまこの特選エロ用語「クンニ」意外な!?五段活用
コラム

たまたまこの特選エロ用語「クンニ」意外な!?五段活用

コラム

189

おはこんばんちーん!
あやまんJAPAN金玉担当、たまたまこです。

今回は放送禁止用語を使って、たまこなりの五段活用を考えてみたよ♡
五段活用とは、日本語の口語文法における動詞の活用のひとつ。
五段活用することで、放送禁止用語が少しでも使い勝手の良いものになりますように。

今回の下ネタ用語はこちら
『クンニ』
正式名称はクンニリングス。まるで楽器の名前かのようなお洒落な響きですね。
果たしてクンニにどんな活用法があるのか。
たまたまこが教える『クンニ』にまつわる五段活用、イってみよ〜☆

【クンナー】

とにかくクンニが大好きな人。
三度の飯よりクンニが好き。
30代以上の男性に多い傾向あり。

【クンニスト】

クンニが好きすぎて全てを追求し尽くしたプロフェッショナル。
好きこそものの上手なれ、ということわざがあるように、クンナーから昇進することが多いよう。

【クンニート】

働かずにクンニばかりしているニート。バイト代は全部風俗に消えていくとか…
クンニを仕事にするには今流行りの女性用風俗がオススメ!

【クン兄さん】

いわゆるクンニの先輩。
どちらがクンニ歴が長いかで用いる場合と、
同じ女性に対してどちらが先にクンニをしたかで使う2パターンがある。もちろん先にしている方がクン兄さん。

【クンニーアマン】

フランスのブルターニュ地方における「バターの菓子」という意味の伝統的な洋菓子。
イヴ=ルネ・シコルディアというパン職人によって1860年頃に創出されたクイニーアマンが語源。アマンはフランス語で恋人の意がある為、クイニーアマンのように甘いクンニをしてくれる恋人に対して使おう。

いかがでしたか?
是非ピロートークとしてご活用ください^_^