1. HOME
  2. コラム
  3. 大洪水!?オジ様テクでおまんこ決壊♡
コラム

大洪水!?オジ様テクでおまんこ決壊♡

コラム

238

オジ様とオナニー大好き、あやまんJAPANユースメンバーライター部、最年少Z世代のオナ♡カナです。
さっそくですが皆さんは大洪水になるほど自分のおまんこが決壊した経験はありますか?♡
実は私自身、濡れやすいものの、以前は決壊し洪水になるほどまでではありませんでした。

ですが…そんな私でもあるオジ様と出会ってからもう!ダムが決壊したように大洪水するようになったのです。今回はそんな素敵エピソードをご紹介したいと思います。

経験豊富なオジ様の極上テク

私はそれまでどちらかというと20~30代と比較的若い世代としかセックスしたことがなく、相手も数だけでいうと経験豊富でしたが、あまりテクニックを持っている人と出会うことはありませんでした。

そんな中あるオジ様との出会いで、「今までのセックスは何だったんだろう」と思えるほど刺激的なセックスを経験することができたので、詳細を大発表させていただきますね。

オジ様だからこその良さ

オジ様は42歳で職業はとある企業の経営者でした。
バイト先で出会い、いつの間にかセフレのような関係になっていました。
当時私は20代前半で周りの友人たちに彼の話をしても、
「おちんこ立たなそう」「イクのが早そう」
など、年齢的な偏見から散々な言われようでした。
なぜそこまで周りから言われてでも彼との関係を続けたのか…それはもうテクニックと相性が最高だったからです♡

では具体的にどのようなテクニックを披露されたのかご紹介しますね。

どんな時でもスマート

AVなどでよく、男優が激しく手マンし女優が凄い量と勢いの潮を吹くというシーンがありますが、あれはあくまでもエンターテインメント。でも出演者がお水をがぶ飲みしたりと裏技を使っていたり、かなりオーバーに演技していることを知らない男性も多いのではないでしょうか。
実際私も過去にそれを鵜呑みにしたような、どうしても潮を吹かせたいのかAVのような激しい手マンをしてくる男がいました。
彼は私に潮を吹かせたいだけなので、私が感じているかどうかなんてお構いなしです。当然気持ちいいものではなく痛みの方が強く感じました。
このことからも男性の多くはAVのようなプレイをやってみたいと考えているのではないかと思われます。ですが実際にそれを成功させようとなると、男性だけでなく女性側の協力も必要になってくるのだなと、その時感じました。AVと現実は全く別物だということですね。

私はオジ様と出会うまでは上記のようなどちらかというと自分勝手なセックスをする方とばかり付き合い、私も若く性欲が強かったのでとにかくやれればいいかと思っていました。ところが、彼と出会ってからは今までのセックスの価値観が大きく変わることになったのです。

オジ様はセックスだけでなく、そこに至るための食事やセックスまでの行動全てが丁寧でした。
食事をしたあともすぐにホテルに向かうのではなく、ホテルのバーで飲みなおしたり、少し散歩したりするなど大人の余裕を感じさせてくれます。
ホテルにつくとマナーとして自分からお風呂に入るも、私には強要してこずに「映画でも見ようか」と言ってくれたり、「少し飲みなおそうか」と提案してくれるなど、セックスだけを目的に来てないよといった感じでスマート。そんな姿勢にじらされているような気持ちになり、私は興奮し自分からすぐにお風呂に入っていました♡

ベッドに入るもすぐにセックスしようとするのではなくテレビを見ながら会話したりなど、和やかなムード作りが最高に上手いのです♡
最終的にセックスするとわかってはいるのですが、何気ないひと時を過ごすことでそれさえも忘れてしまう程心地良い空気を作ってくれる。それもオジ様の魅力の一つです。

とろけるようなスローセックス

ひとしきり心地の良い時間を過ごした後はいよいよセックス開始です♡
それまでの時間、私はいちゃいちゃしたり彼の腕の中で一緒にテレビを見たりすることで焦らされ、内心「早く触って!襲って!」と思っていました♡笑
急に真剣な表情で布団と共に覆いかぶさるようにキスをしてくるオジ様に、待ってましたと言わんばかりにキスをし返すのですが、全て彼のペースにリードされ私はいつもされるがまま♡
オジ様はいつも舌を絡めたねっとりキスで、優しくも少し強引に私の口に舌を押し込んでくるのです。
はじめは慣れず少々不快に感じていましたが今となっては当たり前とさえ思うようになりました。
慣れって怖いですね♡笑
ねっとりキスによりじんわり濡れはじめているのに私にはその自覚がなく、彼に少しおまんこを触られ「キスだけでこんなに濡れたの?」と言われてしまって…それから徐々に決壊しはじめていくのでした…♡

丁寧な前戯

ねっとりキスをした後はとても丁寧な前戯をしてくれます♡
それもおっぱいやおまんこのような王道の部位だけでなく、とにかく全身をくまなく触り愛撫し、私が感じるところを丁寧に探してくれていました♡

乳首もすぐ咥えるのではなくじっくり焦らしたあとに、ここでもねっとりと舐めてくれることで感度も抜群に良くなるのを自分でも感じました。
舐める時はわざと音を大きく出しているのか、とてもエッチな音で耳からも興奮しちゃいました♡
基本オジ様がおまんこを触るときは手マンをしようとするのではなく濡れ具合を確認するときで、その行為が余計に恥ずかしくもとても興奮し、前戯の段階でもう洪水状態になっているのがわかりました。

取りあえず1度挿入

もうおまんこは洪水状態で興奮もピークにきていることを当然オジ様はお見通しで、濡れ具合がピークに達した時に取りあえず挿入してくるのです♡
「待ってました」と言わんばかりおまんこがおちんこを咥えるのですが、彼はお互いイキそうな時に抜くという流れを何度か繰り返します。
何度も焦らされることで更に興奮しおまんこは濡れに濡れ、ですが何度も挿入していることもあり少し力が入りづらくなっている時でした。
彼はこの時を狙ってクンニや手マンをしてくるのです♡
もうその頃には恥じらいもなく大胆になっていて思う存分彼の行為を感じられるようになっているので、とてもリラックスした状態でセックスすることができます。

この「リラックス状態」がおまんこが洪水することに非常に関係があるんです。緊張や恥じらいなどでおまんこに力が入っていると、洪水どころか濡れずらくなってしまうからです。
彼はそのメカニズムを全て熟知していたため、前戯の段階でクンニや手マンなどはせず、ある程度リラックスした時を狙っていたのです。
私はそれまで、前戯では濡らす目的だけの手マンをされ、もちろんまだ気持ちも盛り上がっていないことから全く濡れず、そのまま挿入され痛い思いをすることがよくありました。
このことからクンニや手マンはする意味があるのかとすら思っていたので、オジ様にされた時はこんなにも気持ち良いものだったのかと、とても驚いたことを覚えています。

ポイントを押さえたアプローチ

オジ様はクンニや手マンをする時「どこが気持ちいい?」などと聞いてくることはありませんでした。

気持ち良いところはあるものの実際にそれを口に出すのは恥ずかしいという女性の思いをよく理解してくれており、いろんなところを舐め私が1番濡れたところを自分なりに見つけアプローチしてくれていました。
彼は常に無言ですがおまんこは大洪水なので、何かばれたような気持ちで恥ずかしかったです。そこが更に興奮しました♡

クンニのあとはいよいよ手マンです。
先述したような激しいものではなく、これも私が感じるところを見つけながらゆっくりしてくれるので、もうその時点で彼の指はびしょびしょになるほど濡れていました♡
ある時オジ様が私の膀胱の下あたりの腹部を軽く押さえながら手マンをしてきました。
その時は私が動かないように固定しているのかなと思っていましたが、シーツを見てみると水たまりができるほど潮を吹いていたのです。
私は吹いている自覚が全くなかったのでそれを見た時とても驚きましたが、はじめての潮吹きだったのでなんだか嬉しくもありました♡
その後フィニッシュに向け激しいピストンをされ、いわゆる「はめ潮」を最後までしてしまっていました♡
濡れていることでお互いいつも以上に気持ち良く、その日はとても盛り上がったことを覚えています。

それからというもの私のおまんこは決壊したのか少しの手マンで潮を飛ばすように、はめ潮も当たり前にするようになってしまいました。なので、セックスの後は汗と潮でびしょびしょに♡
ですが新たな自分を発見させてくれた彼にはとても感謝しています♡

おまんこ決壊&大洪水したい人へ

では最後に、
・濡れずらい
・潮を吹きたい
ということに関して悩んでいる方へ、私なりに方法やアドバイスをご紹介して締めたいと思います。

リラックスすること

私のエピソードにもあるように、恥じらいや緊張などがある中でセックスすると知らない間に体に力が入ってしまい、心から気持ちいいと感じにくくなってしまいます。
そして男性は女性の濡れ具合をとても重要視していますから、しっかり時間をかけて前戯したのに少ししか濡れていなかったりするとあからさまに落ち込みます。
これは挿入しずらいということで落ち込んでいるのではなく、自分のテクニックで感じてもらえなかったという自信がなくなることによる落ち込みです。
恥ずかしい気持ちはもちろんあると思いますが、まずはコミュニケーションをしっかりとってリラックスをすることがお互いのためではないかと思います。
リラックスすることで本来のセックスの気持ちよさや彼の愛情に気づくことができ、徐々に慣れていくと濡れやすく潮も吹けるようになるので、ぜひ意識的に取り組んでみてください。

自主練をする

これは男女共に言えることですが、お互いをまだ知らないうちは、自分の感じるポイントは自分にしかわからないはずです。
当たり前ですよね。ですが、このことを相手に伝えるのは恥ずかしかったりして、なかなか言いづらい。
「こんなことを言ったら嫌われたり引かれたりするのではないか」と考えてしまうのは、とてもよくわかります。そして、お互い本当の思いを言えずにいると、どこか他人行儀なセックスになってしまいますよね。
ですのでまずは自分を知るという意味合いもかねて自主練、つまりオナニーで体のことを知りましょう。
自分はどこを触られると感じるのかがわかったら、今度は、相手はどこを触られるのが気持ちいいのかという風に考えてみてください。相手のポイントを探ることを覚えると、コミュニケーションの取れたよりよいセックスに繋がります。
また自主練で自分を解放できるようになることが、先述したリラックス状態でセックスすることにも繋がりますのでぜひ試してみていただきたいと思います。

大量の水を飲んで力を抜いて思いっきり

これはAV女優の皆さんが実際に行っている技だそうですが、撮影前に何リットルもの水分をとることでダイナミックな潮吹きができるようです。
ですが中にはいくら大量の水を飲んでも「おしっこが出る」という感覚になりなかなか潮を吹けないという方がいます。
私も過去にそうだったのですごくお気持ちがわかります。
そこで最後のポイントをお伝えしたいのですが…力を抜いておしっこでもなんでも出ちゃえ!という思い切りを持ちましょう笑

先述したように私もいつの間にか潮を吹いていたくらい自分では制御できないものなので、力を抜いて思い切りやることも重要になってきます♡

まとめ

いかがでしたでしょうか♡
オジ様はなんといっても経験がありますので、自分を開拓したいという方にはばっちりだと感じます。より気持ち良くなりたい方におススメですよ♡