1. HOME
  2. コラム
  3. カッ飛び!ベッド•インちゃんまいのOH!股開きでイっちゃって♡vol.2
コラム

カッ飛び!ベッド•インちゃんまいのOH!股開きでイっちゃって♡vol.2

コラム

1421

シコりはじめたマイレボリュ〜ション〜♩
チン木犀の香り漂う季節…いかがお過ごしですか?

そろそろ、ちゃんまいもキノコ狩りにSAY YESを出したい、そんなお年頃。ちゃんまいのクリ拾いもシクヨロね…♡

この連載は、ちゃんまいがとっておきの“ズリネタ”をOH!股開きでご開帳して、勝手にイッちゃうコラムだヨ♡
ということで、早速、今日もちゃんまいのとっておきのズリネタをご紹介していきたいと思いまぁ〜す♡

第2回目はこちら!ババン!
「やまだかつてない的中率!一発屋のゴロ」

(宮沢りえ演じる「シュウ」オマージュで♡
元AV女優役だなんてぶっとびぃ〜っ!からのサンタフェ〜!)

やまだかつてない的中率!一発屋のゴロ

こんなご時世でも、まだギリギリガールズでバイト先のスナックが営業できていた頃、田中邦衛さんの訃報がはいった。一緒に出勤していたホステス仲間のお姉さんは働きながらひどく落胆していて、そんな姿を見ながら「そういえば、私『北の国から』ってちゃんと見たことないなあ」とふと思ったの。

モノマネやコントなんかで「ル〜ルルル」してたりっていうのは知っているけど、本編はSP回をなんとな〜くぼんやり眺めていただけで内容はほぼ覚えておらず。っていうか、ケバいトサカ前髪のギャルとか、トッポいメンズ出てこなさそうだし!バブル女の私とは関係なくない!?なんつって、後回しにしていたのです。

メンズとドラマには手が早い、ちゃんまい。思い立ったが吉キチハメ日、さっそく貪るように姦賞。連続ドラマ24話+SP8回分を寝不足になりながら、ほぼ2週間でフィニッシュ。

…全然、ハートウォーミングじゃねぇ〜〜〜〜〜〜〜!!!

勝手にハートウォーミングなファミリードラマとばかり思っていたら全く違って、クリビツテンギョ〜!ぶっとびぃ〜!からの、サンタフェ〜!不倫、妊娠堕胎、借金、風俗、元AV女優…大人のドロドロな人間劇のど真ん中に子どもたちが立たされているような、そんなドラマだったのです(ちなみに、純や蛍も成長するにつれて色々やらかしてくれる)。正直、北海道の雄大な自然なんてほとんど頭に入って来なかったんですけど!

トレンディードラマに欠かせないダメ男がいっぱい

みなさん、ご存知「北の国から」は主人公の五郎と2人の子どもたちの成長を21年間にわたって描いた超大作であり、日本人で知らない人はいないほどの超名作である。21年ともなれば、ロンモチで「バブル時代」も通過している。

アンチ都会、アンチ流行が背景にあるはずなのに、しっかり時代を汲んでトレンディー要素(男女の色恋までも)が美しく描かれているところも最高!

まず、岩城滉一演じる草太兄ちゃん。彼が出演しているというだけでグッとトレンディーポイントがアップするSF(すこしふしぎ)。おでこで熱を測った後は強引にキスしたり、「俺も空き家だ!」とか言いながら猛アプローチして、富良野の一大イベント・イカダ下りには必ずマブギャルを隣に乗せちゃうような色男である。ちなみに、初代彼女は病んで風俗で働き出すし、自分のエゴで奥さんを流産させたりする、なかなかのダメ男でもある。

五郎のムスコ君である、純。彼もなかなか冴えないくせにモテまくるので、お相手ヒロインは歴代ゲロマブ(ちゃんまいは宮沢りえと裕木奈江推し)な上に、「東京大学物語」的エッチなサムシングも超トレンディーであります。ちなみに、こちらもセフレを妊娠させてしまったり、借金を抱え現実逃避の果てに人妻とイチャイチャ、純は純でしっかりダメ男でございます。

そんな2人よりもしっかりトレンディーな恋愛をしていたのが、この男「一発屋のゴロ」です!

思っていたよりずっとケーハクな、五郎

みなさん、五郎のことを“実直で厳格な父親”だと思ってませんか?

ブッブーーーー!残念、不正解どぇえええええええす!
元々五郎は相当な遊び人。高校時代には何人もの女性を“一発”で孕ませていたという五郎は「一発屋のゴロ」という異名をとったという裏設定が。仕事もうまくいかず、都会に馴染めず、妻に浮気され、強引に子どもを連れて帰ってきた富良野。この時点で、手を差し出したくなるダメ男ですが、田舎にきて電気も通さず、慎ましく暮らしているかと思いきや、スナックホステス(めちゃくちゃE女。ちゃんまいは登場人物の中で一番スキスキス〜です)に一目惚れし、スナック通いを始めたりもする。お金ないんちゃうんか!

初めて彼女の家でお泊まりした時にかかっていたBGMは高中正義の「虹伝説」。
2人が吸っていたタバコ(彼女のタバコにはべったりと紅いルージュの跡)が抱きついた拍子でコロンと重なり、おセックスがおっ始まる……という、めちゃくちゃバブリーな演出付き。なんだそれ!ケーハク!実にケーハクである!
そんなこと「北の国から」であっていいのかよ!!(興奮)

その後、子どもたちに紹介するも、大はしゃぎする父親に子どもたちはドン引き。しかも彼女、実は村の有名なヤリマン(ヤリマンにはヤリマンのつらさがあるのだが、ここでは割愛…)で親友とも穴兄弟になってしまったというオチがつきますが、2人はセフレという関係を超えてずっと仲良しなんだよね。

ということで、ちゃんまいの【「北の国から」超トレンディードラマ説】でございました。今話題のダメ男がいっぱい出てくるので激烈にオススメです!

女はちょっとダメな男に惹かれるというのが、世の常なわけで…ちょっとオイニ〜がツイキ〜そうなところも、それはそれで惹かれるわけで…
ちゃんまいも泥だらけの五郎に「(下半身の)井戸から水が出た…」って言われてみたいですな、ベッドの上でル〜ルルルって鳴いちゃうかも♡

でも、一番濡れるのは元妻の不倫相手(伊丹十三)が本気汁のファッカブルなので今回のオーガズム指数は低めです!めんご〜!

ということで、次回のズリネタご開帳もお楽しみに!

今回のオーガズム指数★★☆☆☆

「一発屋の五郎」
オーガズム指数★★☆☆☆

ちょっとだけよ?♡