1. HOME
  2. コラム
  3. コミュ障解決!死にたいと病んでる方に喜びを与え本指名をもらえた話
コラム

コミュ障解決!死にたいと病んでる方に喜びを与え本指名をもらえた話

コラム

こんにちは!愛咲あひるです。

いつも痛客モンスターの話ばかり執筆していますが、今回は風俗店で働いていた際に遭遇した「自殺願望がある」「心が病んでいる」男性を接客した時のお話しをしたいと思います。

上記のような精神状態のお客様と遭遇した時、最初はビックリしてしまうかもしれません。私も当時は探り探りでした。しかし対応が良かったのか、元気になり通ってくれることが増えたので、同じような場面に巡り合った場合に参考になれば嬉しいです!

また、私が行ったことは「風俗だから解決した」訳ではなく、多くの接客業でも同じように実践できる方法のひとつです。同様のお悩みがある方も是非読んでいただけましたら幸いです。

お客様が全員性欲処理のために来店されるワケではない

風俗と言えば、ムラムラした気持ちを解消するため男性が股間を膨らまし興奮状態で来店されると思われる方も多いかもしれませんが、中には冒頭でお話ししたようなお客様もいらっしゃいます。

他にも
・盛大な悩みを抱えてしまった
・人間関係で落ち込んで病んでいる
など、精神が不安定になり癒しと現実逃避のため風俗に来たと言う男性も一定数います。

もちろんその気持ちを性欲で誤魔化し解消する人もいれば、性的サービスは良いからゆっくりした時間を過ごしたいなど、お客様によって様々です。
そこを見極めて対応すると、お客様も喜び元気になってもらえることが多いんですよ。

さて、今回は私と出会う1ヶ月前と2年前に死にたいと「自殺を図った」お客様についてお話しします。なかなかヘビーだと思われるかもしれませんが、とある方法で解決することができました。

死にたいと病んでる男性に希望を与えたら本指名をもらえた

以前勤めていた風俗エステ店は、普通の風俗とは違い最初はオイルマッサージから始まり回春マッサージ後、最終的に手で抜くというサービスでした。
そのため、風俗店とは違いマッサージからプレイが始まるため、会話する時間が多いのです。
その男性は当時、見るからに元気がないようでした。でも何か理由があるからココに来ていると思い、私からはあえて話も振らずお客様の反応を待っていました。

すると
「死にたいって思ったことある?」
と言われました。

私は正直に
「思ったことないです。死ぬのが寧ろ怖いくらい」
と答えました。

すると、お客様はぽつりぽつりと話をはじめました。
「実は、ずっと死にたいと思っている」
「2年前も、1ヶ月前も自殺を測ったのにうまくできなかった」
「気づいたらいつも病院でまた死ねなかったと辛かった」
「次こそ死ぬから、お金を使おうと思いココに来た」
と、仰っていました。

理由は聞きませんでしたが、恐らく人間関係のしがらみのような気がしました。
心の中では死んじゃダメ!まだまだ楽しいこといっぱいあるはずなのに……
と、何度も思いましたが、2度も死のうとしているのにこの言葉は違いますよね。

でも、まだココに来る行動力があるならば何か思い出を作ってほしい……
そう感じ、お客様に提案しました。

「じゃあ!◯◯さんが死ぬまでに私のやりたいコトに付き合って!」
「それが達成できたらにして!」

特に、これから通ってほしい。お金を落としてほしい。というつもりで提案した訳ではありませんが、率直にそうひらめき気付いたら提案していました。

「何がしたいの?」
「クリアできていないゲームとか、見たい映画の鑑賞とかいろいろ!」
「わかった……」

風俗に来ているのにゲーム付き合えなど無茶苦茶だし、わかったと言ってもらうまでに間などもありましたが、今思えば私の突然の発言と圧にびっくりし承諾してくれたんだと思います。
でも、死ぬ前に新たなミッションを下されたお客様は約束通り何度も来店してくれるように……。いつの間にか笑顔も増え、明るくなった姿を見て嬉しかったことを今でも覚えています。
私は、そのお客様に対し特に優しくすることもせず、友人に接するよう自分自身も楽しく過ごしました。

本来の目的をふと思い出した時に
「ごめんね、こんなに付き合わせて……早く死にたいかもしれないのに……」
と言うと
「あひるちゃんと過ごしているうちに、楽しく過ごせるようになって最近は全然考えなくなったなあ」
と言ってもらえるようになりました。

その後も辞めるまで通ってくださり、お客様のやりたいコトや風俗エステの施術もできるようになり、楽しい時間を過ごすことができました。

まとめ

全部を話すと長くなってしまうためかなり割愛していますが、当時私はこのように対応しました。気をつけたことと言えば、自殺願望があるからと言って無理に優しくしたり、なんでも相談して!などは発言せず、ただその場を楽しく過ごすようにしたくらい。

今回のお話しは風俗業界に限らず、日常で同じような場面に遭遇した全ての方に参考になれたらと考えております。この方法が正しいかはわかりませんが「ただ純粋に一緒に楽しく過ごす」ことだけ考えたら、その人の未来に希望が見えるかもしれません!

特に難しい言葉はいらないので、コミュ障の方でも大丈夫です。ただ一緒に楽しく過ごしてみてください。最後までお読みいただきありがとうございました!