1. HOME
  2. コラム
  3. イキ活講座 正しいセックスのやりかたはあるの?基本をおさえて幸せなセックスライフを!
コラム

イキ活講座 正しいセックスのやりかたはあるの?基本をおさえて幸せなセックスライフを!

コラム

セックス、皆さんはしたことがありますか?
こんな質問、普通はしないですよね(笑)。
経験済みの方も未経験の方も、セックスについて実はあまりよくわかってない、なんてことがあると思います。
そこで今回は正しいセックスについてご紹介!
とは言っても、身構えずに読んでみてくださいね。

セックス前にしておくことってあるの?

まずは前段階から。セックスって何か準備しておくことはあるの?と疑問に思う方もいることでしょう。
ここではセックス前に持っておいた方がいい考え方や知識、行為前の準備に関してお伝えします。

避妊についての正しい知識を持つ

セックスはただ気持ちいい行為、だと思っていませんか?ちっちっち、甘い甘い。ただの快楽行為ではないんですよ。生殖行為であるがゆえに、妊娠の可能性が出てくるので避妊は重要なこと。お互いが妊娠を望んでいるのならもちろん避妊はしなくていいけど、片方どちらかでも妊娠を望んでいないのなら避妊をしっかりする必要があります。

避妊の方法としては以下が基本で確実性が高いです。

ピルの服用
産婦人科で処方してもらえます。最近ではオンラインで入手できるところも!休薬期間以外は毎日飲む必要がありますが、コンドームよりも妊娠の可能性は低いです。アフターピルもあるので望まない性行為があった場合には活用しましょう。

コンドームの着用
コンビニやドラッグストアなど身近な場所で購入できます。ネットでも販売しているので、お店で買うのが恥ずかしい方はネットを利用しましょう。さまざまな種類があり、男性用が主流ですが、女性用もあります。避妊に関してはピルの方が効果が高いですが、コンドームは性感染症の予防になります。妊娠を希望しない場合はつけた方が良いでしょう。ちなみに筆者のおすすめは「サガミオリジナル」です!

同意のうえであることを確認

これがとっても大事!自分がしたいから相手の気持ちは無視、とか、相手がしたそうだから仕方ないかという感じでセックスしてはいけません。相手も自分も望んだセックスをしましょう。嫌なときはNOとはっきり言わなくてはなりません。相手を傷つけるかも、という考えはここでは不要!というかしたくないのに流されてしてしまうのは相手にとっても「同意していると思ってた」と誤解を与えかねませんよ。望まない場合はきちんとNOと言えることが大事です。

体を清潔にする

必ずシャワーを浴びてからということではありませんが、手だけは洗っておくのが良いでしょう。相手の性器に触れることもあるからです。女性の場合はムダ毛処理をしておきたいという方もいるかもしれません。たしかに男性はツルツルな肌に好感を覚える方が多いのですが、毛が生えていない女性なんていませんから、あまり神経質にならなくてもいいと思います。むしろ「私への愛があるなら毛まで愛しなさい!」という強い気持ちでいていいと筆者は思っています。

セックスの正しい手順って?

セックスって何から始めればいいの?そんな疑問を持つ方もいるかもしれません。ここでは基本的な手順をお伝えします。

1.セックスする気持ちを盛り上げる
まずは雰囲気づくり。下ネタを言うというわけではなく、日常会話でリラックスした雰囲気がつくれればOK。
2.ボディタッチ・ハグ
ここから互いの体に触れていきましょう。いきなりセックスに入るのはあまり良い雰囲気にはなりません。ハグやボディタッチを通して、互いの愛を感じましょう。
3.キス
ボディタッチが終わったからすぐ挿入!ではありません。キスってとても素敵な愛情表現だと思います。最初は軽いキスから始めて次第にとろけるような舌を絡めるキスに移っていくと良いですね。
4.愛撫
次に愛撫が必要です。キスだけで感じてぬれたり勃起したりということもありますが、愛撫のないセックスは寂しいもの。相手を思いやりながら、服を脱がしたり胸や局部に触れましょう。
5.コンドームを付ける
妊娠を希望しない場合はコンドームを忘れずに。男性が自分でつけてもいいですし、女性がつけてあげてもいいですね。コンドームしなきゃという気持ちより、二人で良い雰囲気でコンドームをつけられる方がいいですからね。ちなみに有名な俳優さんがとあるラジオで、リスナーの、コンドームをつけるタイミングについての質問に「常につけてればいい!」とおっしゃっていました。最高。マジレスすると、ずっとつけていたものをそのまま使うと肝心な時に破れる可能性があるのでおすすめしません!
6.挿入
いざ挿入です。男性は女性の性器が濡れているかしっかり確認して、ゆっくり中に入れていきましょう。いきなり激しくしたり、じゅうぶん中が濡れていなかったりすると痛い思いをします。快楽を求めるのはやさしく体を慣らした後で。
7.ピロートーク
ここも意外と大事。互いを慈しみ愛していることを伝えながらゆったりとした時間を過ごしましょう。互いが同意しているなら2回戦に突入するのもありですよ。

セックスするうえでの注意!

自分が気持ち良ければいい、そんな簡単に妊娠なんかしないでしょ、なんて考えはとっても危険!
セックスはお互いの体と心にかかわる大切なことです。
ここでは注意点をお伝えします!

【男性編】

相手が嫌がっていることはしない!
相手が嫌がっているプレイは絶対にNGです。相手が嫌と言ったらすぐやめましょう。嫌よ嫌よも好きのうち、なんて言うこともありますが本当に嫌だと思っている女性が多数。というか何より、その「嫌よ嫌よ」が本当に嫌がっているのかどうか見極められる関係性でセックスをするのがベストだと思います。

AVがすべてじゃない!真似しちゃダメ
AVをよく見るという方いるかと思いますが、AVは男性の興奮をあおるもの。セックスの教科書ではありません。「AVと同じようにすればいい」「AVの真似がしたい」ではなく目の前にいる相手のしたいことと自分の気持ちいいことをすり合わせてやっていくのが本当のセックスです。

イケなくても申し訳なさは感じなくてOK
特に初めてのセックスや久しぶりのセックスだとイケないこともあると思います。でもセックスはイクのがすべてじゃない!互いを、体を使って愛し合うのが目的。イキたいという気持ちばかりではセックスは楽しくなくなってしまいます。また、あまりにも長いと女性にとってはしんどいかも。イカない気持ちよさを選択することも大事です。

【女性編】

嫌なことは嫌と言う
これ、大事。セックスってどうしても男性主体になることが多いです。でもそうではなくて、お互いが同じバランスで気持ちよくなることが大事。でなければ、セックスする意味などないと思います。自分にとって何が嫌なのか、相手にきちんとわかるように伝えていくのも相手のためです。

無理に演技しない
あまり感じていないときでも女性は演技しがち。まあそうですよね。相手の気持ちを考えると感じていないことをオープンにはしづらい。でもそれでは二人のセックスは気持ち良くないまま。これからもより良いセックスをしていくために、「もう少しこうしてくれると気持ちいいかも」などとやさしい言葉で、相手にしてほしいことを伝えてみましょう。あくまでも相手を思ってやさしく、ですよ。

やっぱり何より気持ちが大事!

今回はセックスの基本についてご紹介しました。こちらが基本とはなりますが、性癖やジェンダーはいろいろありますから必ずしもこの通りにする必要はありません。でも、どんな激しいセックスや特殊プレイにも「思いやり」が大切です。相手の気持ちを考え、自分の気持ちをやさしく伝えながら、素敵なセックスをしましょう。皆さんの性生活が向上することを祈っています。