1. HOME
  2. コラム
  3. カッ飛び!ベッド•インちゃんまいのOH!股開きでイっちゃって♡vol.3
コラム

カッ飛び!ベッド•インちゃんまいのOH!股開きでイっちゃって♡vol.3

コラム

373

やっぴ〜!
11月って2本もお勃ってて景気がいいよね♡

スマホ片手につま先走りなオナッターズな性徒諸クンのチミたち!
バッキンバッキンにおげんこかしら?

今日もちゃんまいがとっておきの“ズリネタ”をOH!股開きでご開帳して、勝手にイッちゃうヨ〜♡

第3回目はこちら
「銀河の暴れ隼(ハヤブサ)ハン・ソロと、色んなことシタイ・ウォーズ♡」

30代に入るまで一欠片の興味も下心も湧いてこなかった、かの有名なスター・ウォーズ尻〜ズ!
ていうか、全何話??エピソード何まであるの?多すぎるし、ウォンビーロングすぎるし、どこから観ていいかわかんないし、そんなSF(すこし・ふしぎ)なストーリーに“マンピクポイント“なんてないでしょ?と思っていた、ちゃんまい。

当時ヌポヌポしていたオタクメンズに言われるがまま姦賞。結果、ネイルも素マ〜タフォンのケースもカードケースまで全、てスター・ウォーズ一式にしていた時期があったほどの、どハマり!

今日は、以前から唱えている「スター・ウォーズ超トレンディドラマ説」と一緒に上のお口でお嬢だん言わせていただきます♡

スターウォーズは宇宙版“渡鬼”?

1977年、ジョージ・ルーカスは新人監督として手がけたオリジナルのSF映画『スター・ウォーズ/新たなる希望』を発表。業界の「こんなの絶対、失敗するやろ!」を見事に裏切り、こんなにもウォンビーロングな年月に渡って愛され続けた。こんな“やまだかつてない映画”は他にないだろう。

ものすご〜〜〜〜〜くケーハクな軽チャーとして説明すると、壮大な親子ゲンカが宇宙戦争にまで発展し、いろんな人達が世代を超えて巻き込まれていく…という物語。
そこには、いつまでも古くならない映像美、キャラクターの愛おしさがあり、冒険のドキドキ感を味わいながら、本能の善悪や、人の感情の機微、親子の愛情、友情の絆…そんな大事MANなものについて深く考えさせられる名作である。
全シリーズを見終わる頃には、涙なしじゃ言えない、いろいろ(by C.Cガールズ)が山ほどあるのだが…今回は割愛する。

要するに、壮大なファミリードラマのお突き合いだと思って見始めていただきたい。誤解を恐れずに言えば、宇宙版“渡る世間は鬼ばかり”といっても過言ではないのである。

SFとかよくわかんないし、難しそう…そんなこと思わず、メンズの先っぽ同様に、まずはお味見してみてほしい!

恋した相手は実の兄妹!?トレンディーすぎる展開に膣キュン♡

まず、どれから見ていいかわからない性徒諸クンたちよ!
「どこから見ても面白い」は断固、嘘であります。気をつけて!
そして、絶対にエピソード1から見ないでほしい!

じゃあ、どこからお視姦すればいいんですか???教えてちゃんまい先生〜!
は〜〜〜〜い♡ 必ず、エピソード4から見てクパァ〜〜〜〜〜〜〜さい♡

ネタバレにならないよう詳細をカキコキするのは避けますが、エピソード4、5、6と見ていけば、“え!?恋した相手が実の兄妹!?”なんつ〜「ママレード・ボーイ」的展開にヤキモキしたりできたりします♡

スター・ウォーズはホイチョイ三部作にも負けない極上のラブストーリー!

胸(デカパイ)を張って言い切ります。旧三部作と言われるエピソード4・5・6は、全9作品の中で、最もトレンディーな作品であると言えるでしょう!

ちょっとポーっとしている主人公の“ルーク”、勝気な姫“レイア”、そして、あのハリソン・フォード演じるアウトローな色男“ハン・ソロ“ の友情愛情入り交じった三角関係が実に見事。

特にハン・ソロとレイア姫は顔を合わせれば喧嘩ばかり、常にツンケンしており一触即発!でも、いつの間にか気になり始め、お互いに惹かれあっていく…そんな王道の恋愛ドラマがクリ広げられる。「流石、ドラマのT●Sですな〜……違う違う!」と自らノリツッコミしそうになる程、戦争の真っ只中だというのに彼らは恋愛に夢中になり、アーバンなやりとりをしていたりするのだ。

あ〜〜〜〜〜〜〜もう、深夜でいいから日本で実写化してくれないかな〜!!!と思って、ちゃんまいが寝ずに考えた、日本版キャスティングはこちらです。

ルーク・スカイウォーカー→三上博史
ハン・ソロ→吉田栄作
チューバッカ→布施博
レイア・オーガナ→清水美沙

スター・ウォーズ エピソード4/ 新たなる希望〜君の瞳をタイホしてキモチいい恋したい!編〜

これ、尋常じゃない視聴率取れそうだしょ!?

いちいちGスポを突いてくる、ハン・ソロ!

それにしても、ハン・ソロはいちいちGスポを突いてきやがる!

ならず者のミステリアス感、ちょっと意地悪なユーモアと、あのどこから来るのかわからない自信、大人の余裕を感じる振る舞いの数々…ハン・ソロに濡れない女なんてこの世にいるのだろうか?

「あなたが悪党みたいに振舞わなければ…」というレイアに「悪党だからホレたんだろ? 君の周囲にいなかったから」などと迫る。なんと、完璧な返し!

これはあまりにも有名な名セリフだが、素直になれなかったレイアが囚われの身となるハン・ソロへはじめて贈る愛の言葉。それを聞いたソロの返しも実に素晴らしい。

「I love you. (愛してる)」
「I know. (知ってるさ)」

「月が綺麗ですね」「死んでもいいわ」に並ぶ趣深い表現である。
(ちなみにこの部分「I love you, too.(俺も愛してる)」だったところを、ソロがそんなこと言うわけない!とアドリブで代えたというのは、とても有名なお話)

強引かと思えば、とっても優しい頼れる男…きっとベッドの上でも優しいに違いない。ちゃんまいも得意の早撃ちで責められて、色んなことシタイ・ウォーズ♡」

あ〜〜〜〜〜〜ん…今日はハン・ソロでイっちゃった…♡
みんなもフォースと共にあらぬことを…♡♡♡

今回のオーガズム指数

「銀河の暴れ隼(ハヤブサ)ハン・ソロ」
今回のオーガズム指数★★★★☆