1. HOME
  2. コラム
  3. 見習い淫魔がエロスをお届け BL映画「性の劇薬」
コラム

見習い淫魔がエロスをお届け BL映画「性の劇薬」

コラム

123

アタシは見習い淫魔のフランソワーズあけび。
お願いがあるの。あなたの精気を分けてもらえないかしら?

いきなりでごめんなさいね。驚かせてしまったこと謝るわ。
見習いがイケメンを陵辱できる上級淫魔になるためにはエロい気分で高まった人間の精気が必要なのです。
大丈夫、変なことはしないわ。元はアタシも人間だったのだもの。場末でスナックのママをしていたのよ。かかとのかさつきが厚いひび割れに変わってしまってね。身体も心も水分が不足気味だったわ。
階段で足を滑らせて、人生ジ・エンドと言うわけ。
でもね、目が覚めたら、あらまあ、びっくりするような美人さんになっているじゃない。どうやら転生したみたいなの。

早く上級淫魔になってイケメンとあれこれ楽しみたいのよ。
ね、お願い。損はさせないわ。

今回あなたのためにご用意させていただいたのは映画です。
タイトルは『性の劇薬』とても刺激が強いBL映画よ。

あらすじをおしえてあげるわ

仕事もプライベートも順風満帆で完璧だった桂木誠は自分が約束を忘れていたせいで両親を亡くし、自暴自棄になっていたの。
ある夜、泥酔していた彼は付き合っていた会社の女の子が後輩と仲睦まじく夜の街を歩いているところを見てしまったの。
両親を亡くした上に恋人まで…。
更なる絶望に彼はもう生きる気力を失ってしまうのです。
ビルの屋上で自殺を図ろうとした彼に
「捨てるならその命をおれによこせ」
突然現れた男が言うの。
そして、意識を失ってしまう誠。
目が覚めた時、彼は薄暗い部屋のベットに全裸で拘束されていたのです。

この作品の原作は水田ゆきさんによる累計販売数100万ダウンロードを超える大ヒットBL電子コミックなの。
濃厚でハードな性描写は作品の中でとても重要な意味を持つ行為なので余すことなく描写したいということでR-18指定で製作されているのです。
もう、本当に過激なの。
それでいて変にぼかしが入っていないのよ。それが余計に生々しいわ。
誠は命を捨てようとしていたのだけれど余田と名乗る謎めいた男に監禁され、ベッドに拘束された状態でありとあらゆる手段で快感を与えられていくのです。
いわゆる調教ですね。
前立腺を刺激する“エネマグラ”という器具が出てくるのですが、あなた、知っている?ドライオーガズムに達することが出来るようなの。射精することなく快感を得られるのね。元は医療器具らしいわね。
前立腺って女性のGスポットのようなものなのかしら?
それをね、ググっとお尻にね挿入するの。それ以外もね、入れちゃうのよ。
大事な箇所は見えないのだけれど挿入する様子は見えるのよ。
生々しいわよ。
そして、誠の身体の美しさには惚れ惚れするわ。しなやかでなまめかしいのよ。
快感によがる表情も可愛いし、喘ぎ声も色っぽいわ。
余田のサイコパスな感じもいいのよ。
誠だけではなく余田にも逃れられない悲しい過去があり、それがまた切ないの。
性の快楽によって生の意味を見いだす…。快楽は劇薬なのですね。
始まりは過激ではあったけれど、ラストは意外にもキュンとしてしまうわよ。
よろしかったら原作も読んでみることをお勧めします。
繊細でとても美しい絵よ。これを機にBL沼に嵌るのもいいかもしれないわ。

どう?昂ったかしら?そうしたらアタシに精気を分けて頂戴。

アタシは見習い淫魔のフランソワーズ・あけび。
あなたにピッタリのエロスをお届けするわ。

映画公式サイト
https://seino-gekiyaku.com/

漫画「性の劇薬」特設ページあります。試し読みもできますよ。
https://boysfan.jp/