1. HOME
  2. コラム
  3. 実はドМ?いじめられたいオジ様♡
コラム

実はドМ?いじめられたいオジ様♡

コラム

347

こんにちは。
オジ様とオナニー大好き、あやまんJAPANユースメンバーライター部、最年少Z世代のオナ♡カナです。

皆さんは、ご自分はМだと思いますか?それともSですか?♡
ノーマルセックスしか受け付けない人、フェチに特化している人、好みは人それぞれですよね。
私は以前、自分の性癖はМだと、そして勝手に男性はМな女性の方が好きだと思っていました笑
なんて無知だったんでしょう。

ですが、あるオジ様に出会ってそれまでの男性に対する価値観がガラリと変わりました。そして、自身の性癖はМだけではないことを知ったのです。
今回は、実は女性からいじめられたいと思っていたオジ様のおかげで気づけたことをご紹介したいと思います。

はじめはSだったオジ様

そのオジ様と初めてセックスしたときにとても驚いたのですが、私のことなんてお構いなしで全て自分のペースなのです。
そして私がどれだけイっていてもピストンすることをやめない、息苦しくなるほどねっとりしたキスをするなど、どちらかというとSっ気の強い感じを受けました。
変に「やめて」とか「それ気持ちよくない」などと言って彼を傷つけたくなったので、ほとんど私から何かをするということはなかったですね。

それってМ発言?

ある日いつものように彼のペースでセックスしていたとき
「俺の顔の前でおまんこ広げて」
オジ様は言い放ちました。
はじめはSだな~と思っていましたが様子が変。もしかすると彼はМなのかも?
だって言われるがまま彼の顔の前でおまんこを広げたら、すごい勢いでクンニしてきたのです。
それがあまりにも気持ちよかったから、私は彼の顔におまんこをグリグリしてしまいました。すると彼は嫌がるどころか興奮し、私の腰を持って自らさらにおまんこを自分の顔へと押し付けたのです。
なんだかMっぽいって感じてしまう行動ですよね?

はじめて彼をいじめると…♡

お互いほろ酔いだったのでいい感じに理性が飛び、セックスも段々激しくなっていきました。
こうなったら彼のMっ気を確かめたいと思い、勇気を出して初めてのエッチないじめスタート♡
まずは両乳首を指でいじりながらフェラをすることに。
「それやばい」
オジ様は今にもイキそうな声で鳴き、おちんぽもどんどん大きくなっていきます。
でもまだМと確信したわけではありません。
次におっぱいを彼の顔に押し付け無理矢理乳首を舐めさせます。
そして同時におちんぽをしごいてみました。
彼は素直に私の乳首にしゃぶりつき、舐めることに夢中です。
うん。これで彼がМということを確信♡

主導権はわ♡た♡し♡

それからセックスの主導権は完全に私が持つようになりました。
自分のペースでしか攻めてこなかったオジ様が、私のSなプレイに骨抜きにされちゃったみたいでなんだか嬉しいです♡
開発はどんどん進みます。
「乳首舐めて」
「唾ちょうだい」
Мっ気満載の言葉を自然に言えるようになった彼がかわいくて仕方ありません♡
乳首を舐めながら激しく騎乗位すると声を出してイってくれるので、その姿に萌えるんですよね♡

どうやら彼はずっと前から攻めて欲しかったそう。
でも、なかなか言い出せなかったんですね。
「オナ♡カナがはじめて攻めてきてくれてすごく興奮した」
早く言って欲しかった!
そして、私がなにもしなかったせいで、オジ様は独りよがりのセックスをしていたのかもしれないな、と後から気づきました。
勇気を出して彼をいじめてみて良かったと心から思います。本当はМでかわいい彼を知ることができたので♡

Mだと思っていた自分の中にSがいて、Sだと思っていた彼の中にMが潜んでいた。SとMは表裏一体なのかなと感じています。
自分がされて気持ちよかったことをしてあげると、相手は新たな自分を発見できるかもしれないし、お互いを思いやるとより良いセックスに繋がりますよ。
ぜひ皆さんも勇気を出して新たな自分を開拓してみてくださいね♡