1. HOME
  2. コラム
  3. 『酒場のネタになる話とオススメの1杯』インモーラル
コラム

『酒場のネタになる話とオススメの1杯』インモーラル

コラム

362

カウンターからこんばんは!
N.Yでバーテンダーライセンス取得。心理カウンセラー3級でもあるCrystal Hazuki が『酒場のネタになる話とオススメの1杯』をお送りします。

まだ料金が高かったその昔、数回受けて効果の無さに挫折したのだが、コロナ渦の巣篭もり生活中にまた脱毛欲が沸々と込み上げてきたので十数年ぶりにVIO医療脱毛を受けてみる事した。
ちなみにVIO脱毛とはVライン(ビキニライン)Iライン(性器周辺)Oライン(肛門周辺)の脱毛である。
調べてみると40代以上でVIO脱毛をする方がここ最近はグッと増えているらしい。とあるクリニックではこの10年で75倍にも増えているそうだ。
何故?何故ゆえに?
気になるのでもう少し深掘りしてみよう。
4年後の2025年には国民の4人に1人は75歳以上の後期高齢者になると予測されている日本、在宅介護も増えると見込まれる中、将来自分が介護される時に備えて行うVIO脱毛、いわゆる「介護脱毛」が注目を浴びているという。
介護する側もされる側も排泄介助のストレスを軽減するための脱毛という事らしい。
あ…そこまでは考えてなかった…
医療レーザー脱毛は黒い色素に反応し、毛根にある毛を生やす細胞を破壊することで脱毛が出来る仕組みなので、白髪になる前に施術しておこう…くらいでしか考えてなかった。
ひょっとしたら私のカルテには「介護脱毛」と印が押されていたりするのだろうか。(苦笑)

VIO脱毛でもう一つの課題が一部毛を残すか残さないか問題。
1番人気はVラインを小さめに残してIとOラインは残さないスタイルらしい。
うーん…でも後々白髪になった時にやっぱり無毛にしたいと思ってもレーザーが反応しないんだよね…悩むところだが、ここは黒髪のうちに潔くスッキリ無毛、手堅く「パイパン」を選択しておこう!と決めたら行動は敏速。
前日に照射部位の剃毛をしてあっという間に1回目の施術終了。
十数年前の時と違って丁寧におっ広げられるので痛さよりも恥ずかしさの方が勝るが効果の期待は大。
つんつるてんまで後5回辱められるのかぁ…

マルガリータ

そんな訳で今回オススメのお酒は
丸̶刈̶り̶ー̶た̶「マルガリータ」
アルコール度数は20〜30度。

グラスのフチに塩を施したテキーラベースのショートカクテル。
テキーラの独特な味わいと柑橘の酸味と塩気の絶妙なバランスが楽しめる。
L.A出身のバーテンダーが恋人と狩猟に出かけたのだが、そのとき彼女は誰かが誤って撃った流れ弾に当たり亡くなってしまった。その彼女を偲んで出身地であるメキシコ特産のテキーラを使い恋人の名前をつけたのがマルガリータと言われている(諸説あり)
よく間違われるピザのマルゲリータ、語源は同じ英語でいうマーガレット(花)で「マルガリータ」はスペイン語、「マルゲリータ」はイタリア語。

レシピ
☆テキーラ
☆ホワイトキュラソー
☆ライムジュース
作り方
グラスのフチに塩をつけスノースタイルに。
テキーラ、ホワイトキュラソー、ライムジュースをシェイクしてカクテルグラスに注げば完成。

お試しあれ。