1. HOME
  2. コラム
  3. オジ様と、はじめてのオーラルセックス♡
コラム

オジ様と、はじめてのオーラルセックス♡

コラム

123

オジ様とオナニー大好き、あやまんJAPANユース最年少、Z世代のオナ♡カナです。
今回は私が人生初のオーラルセックスを経験した時のお話です。そしてそのお相手はもちろんオジ様ということで笑

オーラルセックスとは?

まずオーラルセックスとはなんぞやという方に簡単にご説明しますと、キスやフェラ、クンニなど基本的に唇や舌を使って相手の体のあらゆる部位を愛撫し合うということです。口腔性交とも言います。
ではさっそく私の身に実際に起こったエピソードをご紹介しましょう。

オーラルセックスとは無縁の生活

当時の私は潔癖症なこともあり、フェラをするのもクンニをされるのもあまり好きではなくオーラルセックスとは無縁の状態でした。
ではなぜオーラルセックスを、しかもオジ様とすることになったのか…

オジ様と出会う前に付き合っていた彼氏たちはあまりお酒を飲まず、私自身もお酒を嗜む程度しか飲んだことが無かったので酔っ払うことはほとんどありませんでした。

ですがオジ様の彼と出会って環境が一変したのです。
彼は基本的に食事の席ではお酒を飲む人で、一緒にいる私にも飲んで欲しかったみたい。
ある時から私もいつの間にか嫌いだったビールを好んで飲めるようになり、気がついたら飲食店を何軒もはしごしたり、バーなどにも行けるほどお酒が好きになっていました。

初めて酔っ払って勢いで…♡

ある夜、いつものようにお互い仕事終わりに合流し食事に行くことに。
その日、私は仕事がとても忙しく疲れていたので、はじめのビール1杯でほろ酔いになってしまいました。
ですが彼は大きな仕事が上手くいったようで「今晩はとことん飲む!」と言わんばかりにペースも早く、そんな嬉しそうな姿を見て疲れているなんて言えるはずもなく、彼のペースに合わせて飲んでいました。
いつもは何軒はしごしようが私より先にオジ様が潰れてしまうのですが、その日は2軒目を出たあたりから酔いと睡魔で限界が来ていました。
そこでようやく彼がいつもと様子が違うと気が付いてくれて、そのままホテルに向かうことになりました。

ここでも潔癖症な面が出てしまい笑、どんなにきつくてもお風呂に入らずベッドに入るなど考えられないので最後の力を振り絞ってシャワーだけ浴び、そのままベッドにダイブしました。
横になったからか、一瞬スッと疲れが取れたような気がしましたが同時に一気に酔いが周ったのを感じました。

そこに彼がシャワーから上がって来るや否や、全裸でベッドに寝ている(普段そのようなことは絶対にしないタイプ←)私を見て興奮したのか覆いかぶさるようにして襲ってきたのです♡

無意識の中されるオーラルセックス

いつもはキスからゆっくり前戯してくれる彼なのに、その時ははじめから乳首を舐めに舐め、と思ったらすぐにクンニとイレギュラーな動き。
こんなの初めてだから彼も酔ってるのかなと思っていたら…なんとクンニした後の口のままキスされたのです。
普段の私なら考えられない行為ですが、お酒って怖いですね。もう自制心もほとんどなく「あ~やだな~」と思いながらも彼を受け入れてしまっていました。
彼は私にフェラをさせ、その直後にキスをしてくるなど完全にオーラルセックスモード全開。
ひどく酔っていたのでもう何でも有りのセックスになっていったのです笑
私は全身に力が入らない状態だったので潮はダダ漏れ、お互い汗も凄くもうベッドの上はびしょびしょでした。
彼はなにかタガが外れたかのように私の体を舐めまくっていて、自分がピストンしたあともおまんこからアナルにかけてねっとり舐めたり、私の唾液が飲みたいなどとお願いしてきたり、もうひっちゃかめっちゃかでした笑

実は願望があった?

初めてオジ様の彼とオーラルセックスをしてからは、もう普通にしちゃうようになりました。以前の私が聞いたら驚くようなことばかりするようになり、今ではオーラルセックスじゃないと相手からの愛情を感じられないまでに成長♡

彼に初めてオーラルセックスをした日のことを聞くと、「俺は前からしたかったけど引かれると思って言えなかった。こうじゃないと本当のセックスとは言えないと思ってる」と、実は以前からオーラルセックス願望があったことを話してくれました。

まとめ

はじめは私のように少し抵抗のある方が多いと思いますが、燃え上がれば燃え上がるほど快感になっていきます。
オーラルセックス未経験の方はぜひチャレンジしてみてくださいね♡